VICQ m.
VICQ m.
Artiste

🇯🇵 バイオグラフィー

ミッシェル・ヴィックは、1953å¹´1月24日にベリーのオビニー・スーリュ・ネールにて産声をあげました。彼女は、9人家族の3人目で、おてんばでありながら優しい心の持ち主でした。また、手を使うのが大好き。工場労働者である彼女の父親は溶接工で、自分のガレージの&#£20013;に手すりや扉口などを作るためのアトリエを整え、使っておりました。ミッシェルは、父親の監視を逃れ、「パパみたいに」溶接機を作動させてみるのが大好。このシーンは40年間の間、彼女の心の奥に眠る暖かい思い出として生き続けるのでした。 1986年、アーティストとしてまだ目覚めていない彼女はブルターニュのサンマロに、小売商人として身を置きます。1996年、ミッシェルは友人のリオネルに励まされ、独学をもとに絵を描き始め、「ブルターニュの遺産における抽象芸術とシュールレアリズム」と称する全く新しい分野においてコンテストに参加します。2001年、友人のリオネルは彼女に溶接機をプレゼントします。それが切欠に、子供のころの思い出がよみがえり、アーティストとしてのアバンチュールが始まるのです。2002年の9月から、2年間の間彼女は溶接の勉強をし、溶接の様々なテクニックを身につけます。この「修行」の最初の年に自分のアトリエを準備し、未来に備えます。2006å¹´9月、アトリエを正式にオープンし、大人と青年を対象としたマンツーマンのレッスンをスタート。学生なども受け入れるようになります。作品を想像するミッシェルの能力には目を見張るものがあります。彼女は、作品のアイディアを子供のころの夢から引き出すのです。彼女の想像能力は、絵と彫刻を通じて発揮され、自分の芸術的感性を正に自由自在に操り、小さなくず鉄のかけらから、カンバスから、幻想の世界の限界に達し、それぞれの作品に独自の、時には不条理な意味を与えているのです。ミッシェルは、自由な表現を可能とするすばらしい世界、つまり無意識と本能がひるがえり、たなびくような世界に生きているのです。彼女は言いました。「アーティストと私の真の違いは、幻想を思いつく並外れた感性である」と